日本初!ブータン政府公認アンテナショップ Bhutan Fortune(ブータン フォーチュン)!ブータン直輸入の食品・雑貨を通販でお届けいたします。

ブータン流の生き方とは

DSC_6586-2 DSC_5407-2
DSC_0273-2 DSC_3728 (2)-2
写真提供:ブータン写真家 関健作さん

 

「ブータンって国、知ってる?」と聞くと、ほぼ例外なく「しあわせの国だよね?」という返事がかえってきます。

私も以前はその程度しかブータンのことを知りませんでしたが、ブータンに関わるようになってから、「なぜブータン人はしあわせなんだろう?」と考えるようになりました。

しあわせの定義は人それぞれで、正解は一つではありませんが、「足るを知る」という考え方がキーとなるのは間違いないと思います。つまりは、自分の身の回りにいる人、もの、環境にまずは感謝することです。

大なり小なり、皆それぞれ不満を抱えています。「もっとこうであったらいいのに」と手にしていないものを欲するのは人間の自然な考えで、否定しません。むしろ、こうした気持ちがあるからこそ、文化・芸術が発展してきた面もあり、良いものだと思っています。

しかし、「もっとこうであったらいいのに」と思うだけでは不幸なままです。もし不満がたまっていたら、まずはその不満をほんの一瞬だけ忘れてみましょう。そして、不満に思える今の環境は実はありがたいことだと考えてみるのです。

例えば、今の仕事がつまらないのであれば、まずは、今、仕事を手にしていること自体に感謝する。感謝の念が芽生えると、自然と、今の仕事を面白くするにはどうすればよいかという考えが浮かんできます。

そう思えた瞬間、あなたにはもうしあわせが訪れています。きっと、心の中はポジティブであたたかな気持ちで満たされているでしょう。希望が湧いてくるかもしれません。そして、その不満を解消すべく、新しい一歩を踏み出すことができたら、ますますしあわせになれますよね。

ブータン人のしあわせとは、こうした、日常のちょっとしたしあわせの積み重ねなのではないかと思います。

以下、さらにブータン人のしあわせのヒントを知りたい方におすすめの本です。

『”幸福の国”ブータンに学ぶ 幸せを育む生き方』永田良一著 同文舘出版
駐日ブータン王国名誉領事、かつブータンフォーチュン代表の永田良一が、ブータン人との交遊を通じて実感した”幸福の国”ブータン王国を紹介するとともに、私たちの「幸せのこころ」の育て方を考えていきます。
Bhutan Fortune オンラインショップ 商品ページはこちら

『ブータン リクソルと伝統のくらし(世界のともだち 21)』齋藤亮一著 偕成社
ブータン唯一の国際空港がある町パロ。そこで、200年前に建てられた伝統的なおうちに家族と暮らすリクソルちゃん。一家で牛をそだて、畑で野菜、田んぼでお米をつくる、そんな生活を、あなたも身近に感じてみませんか?
Bhutan Fortune オンラインショップ 商品ページはこちら

 

そのほか、ブータン関連のおすすめ本はこちら。

『世界一しあわせな国 ブータン人の幸福論』福永正明監修 徳間書店
私もひとに薦められて読んだ本なのですが、一般的なブータン人の考え方を大ざっぱに理解するのにはこれが一番だと思います。日本人には「??」と思われるようなエピソードも多いですが、それらを、「うんうん、わかるわかる!」と笑い飛ばせたのなら、あなたはブータン通です!
Amazonサイトはこちら

『ワンチュク国王から教わったこと』ペマ・ギャルポ著 PHP研究所
2011年にブータン国王夫妻が来日時に通訳も務められた、ブータンの王室や政府に広い人脈をお持ちの、桐蔭横浜大学・大学院教授 ペマ先生。Bhutan Fortuneもとてもお世話になっている先生です。国王夫妻と近い立場にいらっしゃる先生だからこそ知るエピソードから、ワンチュク国王夫妻の素晴らしいお人柄を再認識できます。カラー写真が豊富で、とても読みやすいですよ。
Amazonサイトはこちら

『ブータン王室はなぜこんなに愛されるのか 心の中に龍を育てる王国のすべて』田中敏恵著 小学館
特に、第4代国王が、国民の気持ちに寄り添った近代化政策を進める姿勢に感銘を受けずにはいられませんでした。この姿勢は、現在の第5代国王にも受け継がれていて、例えば、国王夫妻の結婚式の祝賀パレードは徒歩で深夜になるまで行われた、などといった仰天のエピソードはとても興味深かったです。ブータン王室について興味のある方にオススメです。
Amazonサイトはこちら

『秘境ブータン』中尾佐助著 岩波書店
冒頭の著者のおぼえがきの日付は、昭和46年!今と比べて、外国人のブータン入国がまだまだ難しかった時代。ブータン入国の際、奥深い森林の道なき道を進んでいくエピソードには驚かされるばかりです。
Amazonサイトはこちら

 

ブータン人のこころを知ることができる、Bhutan Fortuneブログもあわせてご覧ください。

ブータン人のしあわせのヒント 「足るを知る」
http://www.bhutanfortune.com/blog-20160304/

ブータンの恋愛事情:ブータンではMBAの男性が多い?!
http://www.bhutanfortune.com/blog-20160318/

ブータンは知られざる女性国家!?
http://www.bhutanfortune.com/blog-20160419/

ブータン人近縁説は本当だった!
http://www.bhutanfortune.com/blog-20160509/

ブータンシルク(絹)にまつわる、ほっこりする話
http://www.bhutanfortune.com/blog-20161027/

 

皆さまがもっとブータンを好きになりますように!

-by Perle